長崎県

長崎県でマンション売却の口コミ


私はマンションを売り出す際に、不動産関係の企業に勤める友人に聞いたところ、「不動産屋にかんしては、基本的に販売が得意な場所とそうでない場所があるのだが、それを外部のものが調べる事がむずかしいので、一括査定サイトを使うほうが良い」といわれました。


「だれか紹介してくれないの?」と聞きましたが、「紹介はできないことはないけど、それでお前が得するなら別だけど、紹介だから高くなるように頑張るとかってないよ。基本的に需要と供給の関係だから、営業マンのスキルの問題でもないし。そんな不確実なことに願いを託すより、現実的に競争させたほうが絶対に得するから、そっちでやったほうがいい」といわれました。


彼は高校の頃の同級生で、友人にいたずらをしても、途中でいってしまうような、ほんとにまっすぐでウソをつけない奴で、こいつのいうことなら、実際にそうなんだろうなと思いました。


それで一括査定サイトを使ったところ、大手中小など複数の不動産会社に査定にきてもらい、地域の相場や数多くの情報をしることができました。


けっか当初の予定価格よりずいぶん高値で売り逃げることができました。


私のニーズをまとめると、
できるだけ
・高値で売りたい。
・早く売りたい。
・情報を知って納得したい。


という3つのニーズでした。


このような要望でしたら、一括査定サイトなどはピッタリだと思います。


ただその際はセキュリティなどには、十分に注意してくれと、友人がいっていました。


なかには管理がずさんな所もあるみたいで「同じ業界におる人間として恥ずかしいのだが」といっていました。


あと友人が


「高値で売るために、時間がかかってもいいからという人がいるけど、とにかく早く売ったほうがいい」


といっていました。


2017年の前半くらいまでは、不動産関係の人は、マンションとかを買っていたそうなんですが、それを一斉に売りにだして、賃貸に移り住んでいる。ということらしいんです。


これは何を意味しているかわかりますよね。


今は不動産を持つべき時期じゃないという事です。


ちなみに私もマンションを売って、今は賃貸に住んでいます。


友人曰く理由は3つあるそうで、


・東京オリンピック以降に景気が低迷し、不動産価格が下落する可能性が高い。
・2012年に東京の農地が法律の関係で一斉に宅地になる可能性が高く、需要と供給のバランスが一気に崩れる。
・空き家問題で市場がすでに供給過剰気味。


これに加えて、2012年の農地が宅地になる際に、アパートが一気に増える可能性があります。


これは東京都内に農地を持つ友人から聞いた話なのですが、アパートを販売する不動産会社が、いますごい勢いで営業攻勢をかけているそうで、けっこうその話で持ちきりだそうです。


もし賃貸市場が成長すれば、持ち家の市場はそちらに食われますから、そういう理由で不動産関係の人が手持ち物件を処分しているみたいですね。


東京は日本の中心ですから、やはりその余波は地方にもやってきます。


昔アメリカが風邪をひけば、日本は肺炎になるといわれていましたが、これは東京にも当てはまるそうで、東京が風邪を引けば、地方は肺炎になる。と考えている人もいます。


私も友人にその話を聞かなかったら、やばいところだったかもしれません。


それで大丈夫だったら、2012年以降。もっと経ってから、安くなった物件を買えばいいのだから、とくにどうしてもという理由がなければ、早めに売って、賃貸にしたほうがいいみたいですね。


未来予測を正確にするのはムズカシイですが、少子高齢化になりますので、不動産の需要はますます減っていく。


これは早めに処分しないとヤバイというのが、実際のところだそうです。


そのほか不動産査定会社の口コミサイトにあった、元不動産屋による高く売る情報が役立ちましたのでリンクを張っておきます。



10%〜15%程度高く売れる方法。専任媒介なら高く売れるのか?大手なら信用できるのか?内覧の際の注意点。個人情報保護の徹底されている一括査定サイトの情報などです。


とくに内覧の際の注意点は完全に盲点でしたので見ていてよかったと思いました。


とにかく情報格差があると、完全に業者のカモにされてしまうので、もし今どこかで専任媒介契約をしていたとしても情報収集だけはしておきましょう。